いい求人の見つけ方

「何の仕事をしたいのか、わからない…」。自分の本当にしたい仕事を見つけるアイデア解説

投稿日:

フリーターから正社員への就活をする時、特に迷うのが「一体、何の仕事(職種)をしたいのか」という点です。

漠然と「何の仕事をしたいんだろう」と考えていますと、何となくどれも嫌だと思ってしまいがち。

就職はしたいけれど、「何の職種をしたいのかが決まらない」という時の、自分の本当にしたい仕事を見つけるアイデアをご紹介します。

「したい仕事」が見つからないなら、「したくない仕事」から探すのがコツ

「何の仕事をしたいか」と考えていますと、やはりどうしても「仕事はどれもキツイものばかりだし…」とネガティブになってしまって、この仕事をしたいとは思い浮かびにくいもの。

そんな時は、むしろ逆に考えるのも一つです。

希望する仕事をハッキリさせたいなら、まずは「やりたい事」ではなく、「やりたくない事」を絞っていきましょう。

やりたくない仕事を見つける具体的な方法は?

ぼんやりと「営業はちょっとキツイかも…」と職種のイメージをするのではなく、具体的に求人を見てみる方がよりクリアになります。
(と言っても、応募する訳ではないので、どの求人サイトで見ても構いません)

例えば、どこでもいいので、転職サイトの大手を開いてみます。大手で言いますと、リクナビネクストやDODAなどが有名です。

トップページには、さっそく求人が表示されているでしょうから、適当なものを選んでみます。

その際、設計やプログラミングなど、「自分にはこのスキルはないから無理」と思う物は外して、
「未経験歓迎」などが書かれている求人や、少しは興味が持てそうな職種を選択してみましょう。

出てきた求人を実際に見てみると、どうでしょうか。

「ちょっと面白そう」と思うのか、「いや、この仕事は無しだわ」と思うのか、何かしら自分の中で思う事があるかと思います。

「この仕事はちょっと嫌かな」と思ったら、自分に質問をしてみましょう

「この仕事はしたくない」と感じる物がありましたら、それは大きなヒントになります。

まず、その仕事は嫌だと思った時、「一体、どういう点が嫌なのか」を考えてみましょう

その求人には、何かしらの嫌な理由があるかと思います。

例えば、
・「飛び込み営業で、多分ノルマありそう」
・「テレアポは断られてばかりだからキツイ…」
・「ファッション業界やブライダル業界は苦手」
・「ドライバーのような体を動かす系よりは、オフィスでの仕事の方がまだやりたいと思える」
など、したくない理由が出てくるかと思います。

それは、まさに「あなたが仕事を選ぶ時の基準」になるポイントです。

「その仕事をしたくない理由」は、逆に言えば、その正反対の仕事なら、興味を持てる可能性があるという事です。

例えば、
「断られてばかりの営業やテレアポが嫌」なら、逆に、お客様を相手にするのではない、社内向けの仕事の方が向いている可能性があります。

「体を動かす系の仕事は嫌だ」と思うなら、オフィスワークの中に、あなたの希望する仕事があるかも知れません。

「〇〇業界はギスギスしていて、人間関係が辛そう」と思うのなら、少人数の会社や、個人プレーで動く仕事の中に、あなたの好みがあるのかも知れません。

好きな事は何だろうと探すより、実は「嫌な事や苦手な事」を探す方が、人の好みはハッキリと出ます。

したくない仕事をリストアップしていくと、共通点が見えてくる事もあります

そうして「この仕事は嫌だ」と思う物がいくつか出てきますと、中には何度も出てくる共通点があるかも知れません。

それらの共通点をまとめていくと、

・「外で身体を動かす系はどれも苦手。社内で働く内勤の仕事がいい」
・「接客や営業や対面の仕事はどれも嫌。PCに向かって仕事をしたい」
・「交渉ごとは嫌。決まったルールで働く仕事の方がいい」

といった、ざっくりした好みや共通点が出てくる事もある。

嫌な事をハッキリさせる事は、逆に、「本当はしたい仕事」をぼんやりとでも、浮かび上がらせる事になります。

最初から「○○業界の××の職種をしたい」と決まっている人は多くありません。

まずは、「やりたくない仕事」と、その反対側にある「やってみてもいいかなと思える職種」くらいの、ぼんやりした好みから始めてみてはどうでしょうか。

その「ぼんやりした好み」がわかるだけでも、求人を見る時、目先の条件や情報に惑わされず、「自分がしたい仕事のジャンルに入っているかどうか」がわかります。

フリーターからの就活Q&Aお答えします! Q:「ぶっちゃけ、いい求人ってどこで見つかりますか?」

A:お答えします。

当サイトで調べてみた所、
掲載されているすべての求人が「フリーター歓迎」のサイトは数社しかありませんでした。

大手転職サイトは、もちろんNG。ハローワークも、大手バイト求人サイトも当然NG。

フリーター専門の求人サイト数社の中でも、利用者の多い最大手は、就職SHOP(運営:株式会社リクルート)でした。

就職SHOP(運営:株式会社リクルート)とは一体? 重要なポイント3点をまとめると、こうなりました。

ポイント1.フリーターと第二新卒専門の求人サイト。正社員と学生は登録不可。
つまり→ライバルが少なく、受かる確率が上がる、正社員の転職組とバッティングしない

ポイント2.書類選考がない、応募すれば面接確約。ポテンシャル採用
つまり→経験不足による書類選考落ちが起きない。経験よりポテンシャル重視のため、面接で不利にならない

ポイント3.利用者10万人突破。8000社の求人。
つまり→最大手リクルート社のサポートを受けながら就職できる。求人の多さ=選べるチャンスの多さ

■どんな人に向いてる?■

残念ながら対応エリアがまだ狭いため、関東と関西のみになります。このエリア以外での就職希望の場合は難しくなります。

逆に、こんな人は向いてるサービスと言えます。

・関東か関西で正社員を目指す。現在20代か30代で、第二新卒かフリーター。
・フリーター就活の難しさを解決したい。プロのサポートを受けたい
・フリーターからの応募で不利にならない求人だけを探したい
・面接で何をアピールすればいいのか、アドバイスがほしい

こういった希望がある時は、就職SHOPの活用が非常に効果的です。

■公式サイト■ >> 就職SHOP(運営:株式会社リクルート)

 

人気の記事一覧

1

「フリーターから正社員になろう!」 そう思った時、実際にどこで求人を探すのが一番良いのでしょうか? 今回は、フリーターからの仕事発見がしやすいサービスと、それらの向き不向き、オススメ度を解説していきた ...

2

この記事に書かれている事 この記事では、こんなお悩みを解決する方法を解説しています。 ↓ フリーターをやめて正社員になりたいけれど、いい求人が見つからない 求人があっても、全然受からない(書類選考にも ...

-いい求人の見つけ方

Copyright© フリーターから正社員に受かるナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.