面接ノウハウ

〔フリーターからの就活〕面接の質問「これまでの仕事で苦労した事は?」の好印象な答え方例

投稿日:

フリーターから正社員を目指しての面接では、さまざまな種類の質問を受ける事があります。
その中でも答えるのに苦労しやすい質問「前の仕事で苦労した事は? 工夫した事は?」について、答え方のポイントや例などを解説していきたいと思います。

 

この質問で面接官が聞きたい内容は?

この質問で面接官側が聞きたいと思っているのは、問題を解決した具体的なノウハウではなく、どんな事を「苦労した」と感じて、どんな姿勢で仕事と向き合ったのか、その姿勢を見たいという意味があります。

そのため、前の会社の具体的なノウハウなどは語ってしまうとマズイ場合がありますですので避けておく方が無難です。

具体的に、どんな内容を伝えていけばいいのかは大きく分けて3つあります。

 

「苦労した事」はこの3種類から探す

仕事では色々な苦労があるかと思います。ただ、面接で答えるべきなのは、「その苦労を、自分の努力で解決できた事」にしておくのがポイントです。

例えば、「嫌な上司がいて、相性が悪くて最悪だった」といったような苦労を語ってしまうと、そのあとの「どんな工夫をして解決したのか」が非常に答えづらくなってしまいます。

よくある王道の言い方ポイントとしては、この3種類の中から探すのが良いでしょう。

 

「ここが大変だった、苦労した事」の3種類

1.難易度の高い仕事を任された経験
2.非常に量の多い仕事をこなした
3.新しい仕事、新しい方法を担当した

具体的な例としては、このような答え方があります。

1.難易度の高い仕事
「コールセンターの仕事では、技術的な問い合わせが多く、専門知識を身につけるのがとても苦労しました」

2.仕事量の多さ
「○○の検品の仕事では、1日100件の処理をする必要がありました。非常に量が多く苦労しました」

3.新しい仕事、新しい方法
「アパレル販売の仕事では、新作の販売を任され、どのように魅力を伝えればいいのか、とても苦労しました」

 

工夫した事の答え方

先ほどの「苦労した事は?」の質問は、ただ「○○で苦労しました」だけですと、あまり強いアピールにはなりません。

好印象な答え方にしていくには、「でもこんな工夫や努力をして解決した」という、自分の工夫や努力を後につけ加えて、アピールにするのが大切です。

ここも先ほどの「苦労した事」の答え方と同じように、具体的なノウハウを公開する必要はありません。
実際にその問題に対して、「どう頑張ったのか」「何を心がけたのか」が伝えるのがポイントです。

 

「工夫した事」でアピールしたいポイントの例

自分の工夫や努力した事を伝える方法ですが、例としてはこういった内容を答えていくと良いでしょう。

「工夫した事」の例

・「どんな気持ちで臨んだか」
・「何に注意したか」
・「自分で学んだ事」
・「人と協力した事」

先ほどの苦労した事の例文3つを使って、後ろに「自分が努力した事」を付け加えると、このようになります。

1.難易度の高い仕事
「コールセンターの仕事では、技術的な問い合わせが多く、専門知識を身につけるのがとても苦労しました。そのため、自分で○○についての本を買って、独学で知識をつけるよう努力しました」

2.仕事量の多さ
「○○の検品の仕事では、1日100件の処理をする必要がありました。非常に量が多く苦労しました。なるべくスピードアップする必要があると思い、同じ部署内でノウハウを共有できるよう、声をかけあいました」

3.新しい仕事、新しい方法
「アパレル販売の仕事では、新作の販売を任され、どのように魅力を伝えればいいのかが苦労しました。まずは自分で魅力的な見せ方を発見しようと思い、仕事後にマネキンを使って試行錯誤しました」

 

まとめ

面接で聞かれる「苦労した事」や「工夫した事」は、自分の魅力を伝えるチャンスでもあります。
「これが大変だった」だけですと愚痴っぽくなってしまいますので、必ずそのあとに「しかし、こんな努力や工夫をして解決した」と加えて、自分の良さのアピールに変えていきましょう。

素敵な仕事とのご縁がありますように!

 

フリーターからの就活Q&Aお答えします! Q:「ぶっちゃけ、いい求人ってどこで見つかりますか?」

A:お答えします。

当サイトで調べてみた所、
掲載されているすべての求人が「フリーター歓迎」のサイトは数社しかありませんでした。

大手転職サイトは、もちろんNG。ハローワークも、大手バイト求人サイトも当然NG。

フリーター専門の求人サイト数社の中でも、利用者の多い最大手は、就職SHOP(運営:株式会社リクルート)でした。

就職SHOP(運営:株式会社リクルート)とは一体? 重要なポイント3点をまとめると、こうなりました。

ポイント1.フリーターと第二新卒専門の求人サイト。正社員と学生は登録不可。
つまり→ライバルが少なく、受かる確率が上がる、正社員の転職組とバッティングしない

ポイント2.書類選考がない、応募すれば面接確約。ポテンシャル採用
つまり→経験不足による書類選考落ちが起きない。経験よりポテンシャル重視のため、面接で不利にならない

ポイント3.利用者10万人突破。8000社の求人。
つまり→最大手リクルート社のサポートを受けながら就職できる。求人の多さ=選べるチャンスの多さ

■どんな人に向いてる?■

残念ながら対応エリアがまだ狭いため、関東と関西のみになります。このエリア以外での就職希望の場合は難しくなります。

逆に、こんな人は向いてるサービスと言えます。

・関東か関西で正社員を目指す。現在20代か30代で、第二新卒かフリーター。
・フリーター就活の難しさを解決したい。プロのサポートを受けたい
・フリーターからの応募で不利にならない求人だけを探したい
・面接で何をアピールすればいいのか、アドバイスがほしい

こういった希望がある時は、就職SHOPの活用が非常に効果的です。

■公式サイト■ >> 就職SHOP(運営:株式会社リクルート)

 

人気の記事一覧

1

「フリーターから正社員になろう!」 そう思った時、実際にどこで求人を探すのが一番良いのでしょうか? 今回は、フリーターからの仕事発見がしやすいサービスと、それらの向き不向き、オススメ度を解説していきた ...

2

この記事に書かれている事 この記事では、こんなお悩みを解決する方法を解説しています。 ↓ フリーターをやめて正社員になりたいけれど、いい求人が見つからない 求人があっても、全然受からない(書類選考にも ...

-面接ノウハウ

Copyright© フリーターから正社員に受かるナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.