履歴書の書き方

【履歴書の書き方】フリーター期間のアルバイト経験は、職歴に書いていい?

更新日:


フリーターから正社員になるための就活では、職歴欄をどう書くのか、迷う事も多いかと思います。
特に、「フリーター期間のアルバイト経験は、職歴に書いていいのか?」がポイントになる事も。

今回は、そんな履歴書(特にアルバイトの職歴)についての書き方をまとめました。

まずは一般的な正社員の職歴の書き方から。

まず正社員の場合の一般的な職歴は、この例のような書き方になります。

最初に「職歴」とタイトルをつけて、その次の行から1社目の入社について書いていく形です。
その後、退職については細かい理由は付けずに「一身上の都合により退職」と済ませてしまうのが一般的です。

次に、その後のアルバイトについて書いていく場合は、「アルバイト入社」と記載すれば問題ありません。
アルバイトを辞めた時の書き方は「一身上の都合により」はあまり使わず、「アルバイト退社」と書いておく方が、より読みやすくなります。

このような書き方です。

もし、派遣で働いていた時期がある場合は、少し書き方が変わってきます。
「入社」と普通書く欄は「派遣社員として就業開始」、退職は「派遣期間満了により退社」といった書き方になります。

書き方例はこのようになります。

ここまでがよくある職歴の書き方例でした。
次に、フリーターからの就職活動の場合、アルバイト経験を書くべきかどうかについて、解説です。

フリーターからの就職活動の場合、アルバイトや派遣の経験は書く? 書かない?

大学生の就活や、正社員からの転職の場合、「アルバイト経験は職歴に書かない」というのが、書き方のルールのようになっています。
しかし、第二新卒や派遣・フリーターからの就活の場合、実際はハッキリとしたルールがなく、会社や面接官によりけり、という所が大きくなります。

そのため、まずは自分に一番ピッタリな書き方を選んでいくのが重要です。

アルバイト経験を書く方がアピールになるなら全部書く方がいいですし、フリーター期間が短めで正社員経験の方が長いという場合は、いっそアルバイト経験を書かずに社員経験のアピールをメインにする方が効果的です。

どちらが自分にピッタリか、より魅力的に見えるか書き比べてみるのも良いかも知れません。

アルバイト経験を書く場合は、仕事内容を書いて強くアピールするのも大切

履歴書にアルバイトや派遣、パートなどの経験を加えていきますと、職歴欄が長くなってしまいます。
単に「入社」「退社」だけを書き続ける事になりますので、それだけですと、どうしても「何回も仕事を変えている人」という印象を持たれてしまいがち。

また、会社名だけでは何の仕事をしていたのかがわからない事もあります。
そんなデメリットを無くすためにも、「入社」の行の後に、1行だけ担当していた仕事内容を加えていくと好印象です。

このような書き方ですね。

この例のように、例えば「イベント会場の設営、撤去、会場の警備、誘導などを担当」や「レジ打ち、品出し、商品の補充、POP作成などを担当」のように、どういう仕事を経験しているかがわかりますと、面接もよりスムーズに進みやすくなります。

ポイントは、「一行だけ」にすることです。
ここを何行も書いてしまうと、履歴書の書き方として、変になってしまいますので注意しましょう。

まとめ

職歴にアルバイトを含めるかどうかは、フリーターからの就活の場合、明確なルールがないですので、せっかくなら自分の魅力をよりアピールできる書き方を選んでいきましょう。
良い会社とのご縁がありますように!

フリーターからの就活Q&Aお答えします! Q:「ぶっちゃけ、いい求人ってどこで見つかりますか?」

A:お答えします。

当サイトで調べてみた所、
掲載されているすべての求人が「フリーター歓迎」のサイトは数社しかありませんでした。

大手転職サイトは、もちろんNG。ハローワークも、大手バイト求人サイトも当然NG。

フリーター専門の求人サイト数社の中でも、利用者の多い最大手は、就職SHOP(運営:株式会社リクルート)でした。

就職SHOP(運営:株式会社リクルート)とは一体? 重要なポイント3点をまとめると、こうなりました。

ポイント1.フリーターと第二新卒専門の求人サイト。正社員と学生は登録不可。
つまり→ライバルが少なく、受かる確率が上がる、正社員の転職組とバッティングしない

ポイント2.書類選考がない、応募すれば面接確約。ポテンシャル採用
つまり→経験不足による書類選考落ちが起きない。経験よりポテンシャル重視のため、面接で不利にならない

ポイント3.利用者10万人突破。8000社の求人。
つまり→最大手リクルート社のサポートを受けながら就職できる。求人の多さ=選べるチャンスの多さ

■どんな人に向いてる?■

残念ながら対応エリアがまだ狭いため、関東と関西のみになります。このエリア以外での就職希望の場合は難しくなります。

逆に、こんな人は向いてるサービスと言えます。

・関東か関西で正社員を目指す。現在20代か30代で、第二新卒かフリーター。
・フリーター就活の難しさを解決したい。プロのサポートを受けたい
・フリーターからの応募で不利にならない求人だけを探したい
・面接で何をアピールすればいいのか、アドバイスがほしい

こういった希望がある時は、就職SHOPの活用が非常に効果的です。

■公式サイト■ >> 就職SHOP(運営:株式会社リクルート)

 

人気の記事一覧

1

「フリーターから正社員になろう!」 そう思った時、実際にどこで求人を探すのが一番良いのでしょうか? 今回は、フリーターからの仕事発見がしやすいサービスと、それらの向き不向き、オススメ度を解説していきた ...

2

この記事に書かれている事 この記事では、こんなお悩みを解決する方法を解説しています。 ↓ フリーターをやめて正社員になりたいけれど、いい求人が見つからない 求人があっても、全然受からない(書類選考にも ...

-履歴書の書き方

Copyright© フリーターから正社員に受かるナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.