いい求人の見つけ方

未経験からプログラマーには受かる? 向き不向きと自己アピールの例文

未経験でもプログラマーに受かる事が出来る?→理系学生だけではなく、文系出身の内定者も。 未経験からどういう人が受かる? 大切なのは「学ぶ姿勢とコミュニケーション能力」。面接では何を自己アピールしていくといい?
履歴書の書き方

【履歴書の書き方】フリーター期間のアルバイト経験は、職歴に書いていい?

フリーターから正社員になるための就活では、職歴欄をどう書くのか、迷う事も多いかと思います。 特に、「フリーター期間のアルバイト経験は、職歴に書いていいのか?」がポイントになる事も。 今回は、そんな履歴書(特にアルバイトの職歴)についての書き方をまとめました。
面接ノウハウ

面接の困った質問「なぜフリーターを選んでいたのですか?」の印象を悪くしない答え方例3つ

面接での「フリーターをしていた理由」のタイプ別答え方例と、OK、NG例を解説。  NG例:責任の重い仕事したくない、体調が理由、精神的な理由。OK例;自分のやりたい仕事を探す、仕事を経験を積む、お金、家族などの事情。ポジティブに答えしょう。
履歴書の書き方

【フリーターからの就活】好印象な自己PRを作る7つの例文を解説

フリーターからの就活で使える、自己アピールしておきたいの7つのポイント。 ・アルバイト経験(業種、職種、期間、こだわった事)。特に「前向きに会社を良くする姿勢」が重要。・学校での授業、部活経験 ・資格、性格、持ち味などをアピール
面接ノウハウ

面接で困る質問「仕事を辞めた理由は?」への好印象な答え方例、NG例

フリーターからの就活面接での質問「前の仕事を辞めた理由」の答え方を解説。 NG例:人間関係やトラブル、向いていない等。好印象な例:多く仕事経験を積みたいから。もともと短期の求人。自分のやりたい仕事を探すため。
面接ノウハウ

フリーターから正社員への就活:自己PRはどう言うべき?(大学生就活との違い解説)

フリーターからの就活する際の自己PRを、例文つきで解説。大学生の就活との違いは? 1.学歴は手短に。2.正社員経験があれば、真っ先にアピール。3.フリーターとしての仕事経験を職歴で語る 4.「フリーター経験を活かす」前向きな言い方でしめる
いい求人の見つけ方

仕事していなかった空白期間が長い場合、どうやって就活するのがベスト?

仕事に就いていなかった「空白期間」が長い場合、書類選考で不利になる事も。そんな時の正社員へ受かる2つの方法。1.一度別の仕事で実績をつけ経験者扱いで転職する。2.フリーターからの就活専門のサポートを受ける。書類選考無しで面接へ進めるメリット
いい求人の見つけ方

フリーターから正社員を目指す時、受かりやすい職種、受かりにくい職種

未経験から受かりやすい職種は? 営業系は未経験歓迎が非常に多く、事務系は逆に狭き門。店長系は異業種から入ってくる社員も多い。コールセンター系はテレアポ等の職種、未経験可が多数です。IT系、技術系はスクールに通う方法も。開発部門や設計は狭き門
いい求人の見つけ方

応募したいけれど、自分にできる仕事かどうかわからない。そんな時の5つのチェックポイント

応募したい求人がある時にチェックしたい「自分にできる仕事か」の確認ポイント 1.職種の経験がある 2.以前の経歴で身につけた知識や経験、スキルが使える 3.未経験だが資格を持っている 4.求人が「未経験歓迎」5.絶対にこの会社がいい志望動機
いい求人の見つけ方

正社員にはなりたいが、「やりたい仕事」がわからない。そんな時のチェックポイント

やりたい仕事が見つからない、何の仕事をしたいのかわからない。「好きな事を仕事に」が難しいと感じた時の求人の選び方。 やりがい、給料、勤務地、人間関係、スキルや経験を活かせる…。自分にとって大事な条件を見つけて、仕事に求める物を決めてみる。
タイトルとURLをコピーしました