面接ノウハウ

面接での困った質問「このフリーター期間は何をしていましたか?」 好印象な答え方の解説

フリーターから正社員になろうと就活で面接を受けた時、やはり困るのは、「この○年間、何をしていましたか?」という質問です。この質問にどう答えるべきかを解説。フリーター期間の説明の仕方/ ポジティブな理由を付けた例の効果とは。「自分のやりたい事を探していた」「資格勉強」「業界の経験をするため」などは効果的。
いい求人の見つけ方

フリーターから正社員に受かるコツ~一人で就活せずに使えるサービスを活用する方法~

フリーターをやめて正社員になりたいけれど、いい求人が見つからない。求人があっても、全然受からない(書類選考にも通らない)。それを解決する、履歴書・面接アドバイスをタダで受けられるサービスとは?
いい求人の見つけ方

ノルマのキツイ会社に当たらないための、正社員求人の見分け方

正社員の求人に応募するなら、ブラックな会社には当たりたくないもの。 完全に見分ける事は無理でも、応募前に「この会社は止めておいた方がいい」というチェックポイントくらいは持っておきたいですよね。今回は正社員に受かろうと就活する際に、「ノルマのキツイ会社」に当たらないための求人の見分け方のコツをまとめました。
いい求人の見つけ方

未経験から正社員の事務職に受かるための、3つの方法を解説

未経験から事務の正社員になるには、やはり受かりやすいルートで応募するのが一番のポイントです。1.自分で求人を見て、とにかく数を応募する 2.フリーター向けの就職支援会社から紹介をもらう 3.派遣で一般事務、営業事務などを経験し、正社員へ転職する(エクセル経験必須)
いい求人の見つけ方

フリーターからの就活。転職エージェントを使うべき? 悪く言われない? 歓迎されるためのコツ

フリーターから正社員への就職する方法は大きく分けて3つあります。 1.第二新卒として就活をするか、2.転職エージェントを使って応募するか、3.自分で求人を見て応募するか。今回はフリーターが転職エージェントを選ぶポイントと歓迎されるコツを解説。転職支援会社の種類と求める人材とは? フリーター歓迎の会社の見つけ方。
志望動機の例

面接での困る質問「なぜフリーターを辞めて正社員に応募を?」への答え方解説

フリーターから正社員への応募をしますと、面接で困る質問もあります。「なぜ正社員になりたいのですか?」という質問は、特に答えにくいもの。質問への好印象な答え方解説。前向きな答え方例1「この職種、業種に就きたい」2.「バイト経験を活かせる仕事をしたい」3.「好きな事を仕事にしたい」。ポジティブな言い方へ変える方法
面接ノウハウ

〔フリーター就活〕面接の質問「あなたの長所は?」 どう答えると好印象?

フリーターから正社員を目指す就活での、面接の質問「あなたの長所は?」の答え方例を解説。一言だけで答えてしまうと、少しシンプルすぎる…そんな時の、より好印象にするの言い方。方法1「具体的なエピソードをつける」、方法2「仕事に活かせるとアピールする」。長所の例で使いやすいのは1.性格面 2.得意な事 3.スキル等が便利です
面接ノウハウ

〔フリーターからの就活〕面接の質問「これまでの仕事で苦労した事は?」の好印象な答え方例

フリーターから正社員を目指しての面接「前の仕事で苦労した事は?」の答え方例を解説。「苦労した事」はこの3種類から探す:1.難易度の高い仕事を任された経験 2.非常に量の多い仕事をこなした 3.新しい仕事、新しい方法を担当した等 /アピールしたいポイントの例。この質問は自分の魅力を伝えるチャンスです。
志望動機の例

自分の強みを見つけよう! 強み発見の方法は「〇〇力」か「王道の6つのパターン」から選ぶのがコツ

「あなたの強みは何ですか?」就活で使いやすい「私の強み」には、実は大きく分けて2つのタイプがあります。 一つ目が「これまでの仕事の経験」、もう一つが「性格的な強み」です。どうやって探す? 仕事上の強みの発見方法と6つのパターン、例を解説。
志望動機の例

【フリーターの就活】好印象な志望動機の例ベスト3

やはり履歴書や面接時に一番困るのは「志望動機」です。 志望動機は、「その会社でなければいけない理由」を探し始めると、大変難しくなります。 とりあえず興味を持てたので応募をしてみたという場合や、転職エージェントなどからの紹介で受けてみた、という場合、特に志望動機で困りやすいもの。 今回は、面接官の印象をよくする言い方を大きく3つ、まとめました。
タイトルとURLをコピーしました