いい求人の見つけ方

ノルマのキツイ会社に当たらないための、正社員求人の見分け方

更新日:

やはり応募するなら、ブラックな会社には当たりたくないもの。
完全に見分ける事は無理でも、応募前に「この会社は辞めておいた方がいい」というチェックポイントくらいは持っておきたいですよね。

今回は正社員に受かろうと就活する際に、「ノルマのキツイ会社」に当たらないための見分け方のコツをまとめました。

 

ノルマのキツイ会社はどう見分ける?

主に営業系や販売系、テレアポ系など、物を売る職種ではノルマのある会社は多いもの。
とはいえ、ノルマのためにガツガツ社員に当たっていく会社もあれば、ノルマではなく「目標」というくらいの認識の普通の会社もあります。

そんなガツガツとノルマを押し付ける社風の会社を見分けるには、ポイントがあります。
必ず正解という訳ではありませんが、一つの目安として。

 

見分け方ポイント1・給料が異様に高い

例えば求人の給与欄に、よくモデルケース(先輩の実例)が載っていたりしますよね。
それがこのような場合です。

よくある高収入求人の例

Aさん(27歳):入社2年目 年収700万
Bさん(29歳):入社4年目 年収800万

一般的に日本の20代の平均年収は、300万~400万円台と言われています。
20代で700、800万ももらえるとなると、欲が出てしまいますが、応募する前に給与の内訳をよくチェックしておきましょう。

 

高いのは固定給ではなく、「インセンティブ」

こういった営業系の求人で異様に給与が高い所は、内訳(求人の給与欄)をみてみますと、ほとんどがこのようになっています。

よくある高収入求人の給与欄

「固定給 19万+インセンティブ」

このインセンティブの部分で、大変お給料が高くなっています。

インセンティブの内容は会社にもよりけりですが、多くの場合、1件契約が取れるごとに、「○万円」や「○%」の報酬が入ってくるという形です。

つまり、営業のスキルが高く、ガンガン契約の取れる人の例を給与欄に載せているという事ですね。
契約がまるで取れない場合は、「固定給19万」だけになってしまうという求人です。

 

インセンティブで高収入をうたっている会社は慎重に

もちろん営業成績が上がれば、同年代をはるかに超える収入が約束されます。

ただ、それを達成できるのはもちろん、一部の人。
それが出来ない(ノルマが達成できない)場合、会社からの圧力も相当なものになって来るのは、すぐに想像できますよね。

もちろんインセンティブのすべてが悪いという訳ではありません。

そこで、もう一つ、追加で見ておきたいポイントがあります。

 

見分け方ポイント2・さらに平均年齢が低い会社は注意!

それが会社の平均年齢です。
「会社の平均年齢27.2歳! 年収900万も夢じゃない!」のようなアピールのある会社は特に慎重に選びましょう。

一般的に、ある程度の人数がいる会社になりますと、平均年齢は30代になるのが一般的です。
勤続年数の長い人が多い会社ですと、社員平均年齢が40代という企業も多くあります。

そんな中、それだけの高収入で平均年齢が20代という事は、
当然、「それだけ多くの人が辞めていく、若い人が入社しては退職していく、を繰り返している」会社という可能性が大です。

退職率が書かれている求人はあまり多くはありません。
そんな時は、平均年齢と年収からおかしな点がないかと確認するのも一つの方法です。

 

まとめ

平均年齢が20代、平均年収が異様に高く、インセンティブのアピールが強い…。

こういった求人は、営業成績を上げる事が出来る人々には、高収入の道が約束されています。
しかし、そうでない場合はブラックと感じる可能性が高く、あまりオススメとは言えない場合が多めです。
年収だけに目を奪われる事なく、慎重に求人を選んでいきたいものですね。

 

フリーターからの就活Q&Aお答えします! Q:「ぶっちゃけ、いい求人ってどこで見つかりますか?」

A:お答えします。

当サイトで調べてみた所、
掲載されているすべての求人が「フリーター歓迎」のサイトは数社しかありませんでした。

大手転職サイトは、もちろんNG。ハローワークも、大手バイト求人サイトも当然NG。

フリーター専門の求人サイト数社の中でも、利用者の多い最大手は、就職SHOP(運営:株式会社リクルート)でした。

就職SHOP(運営:株式会社リクルート)とは一体? 重要なポイント3点をまとめると、こうなりました。

ポイント1.フリーターと第二新卒専門の求人サイト。正社員と学生は登録不可。
つまり→ライバルが少なく、受かる確率が上がる、正社員の転職組とバッティングしない

ポイント2.書類選考がない、応募すれば面接確約。ポテンシャル採用
つまり→経験不足による書類選考落ちが起きない。経験よりポテンシャル重視のため、面接で不利にならない

ポイント3.利用者10万人突破。8000社の求人。
つまり→最大手リクルート社のサポートを受けながら就職できる。求人の多さ=選べるチャンスの多さ

■どんな人に向いてる?■

残念ながら対応エリアがまだ狭いため、関東と関西のみになります。このエリア以外での就職希望の場合は難しくなります。

逆に、こんな人は向いてるサービスと言えます。

・関東か関西で正社員を目指す。現在20代か30代で、第二新卒かフリーター。
・フリーター就活の難しさを解決したい。プロのサポートを受けたい
・フリーターからの応募で不利にならない求人だけを探したい
・面接で何をアピールすればいいのか、アドバイスがほしい

こういった希望がある時は、就職SHOPの活用が非常に効果的です。

■公式サイト■ >> 就職SHOP(運営:株式会社リクルート)

 

人気の記事一覧

1

「フリーターから正社員になろう!」 そう思った時、実際にどこで求人を探すのが一番良いのでしょうか? 今回は、フリーターからの仕事発見がしやすいサービスと、それらの向き不向き、オススメ度を解説していきた ...

2

この記事に書かれている事 この記事では、こんなお悩みを解決する方法を解説しています。 ↓ フリーターをやめて正社員になりたいけれど、いい求人が見つからない 求人があっても、全然受からない(書類選考にも ...

-いい求人の見つけ方

Copyright© フリーターから正社員に受かるナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.