未経験から営業の仕事に応募する時の選び方、向き不向きのポイントまとめ


今回は未経験から営業職に応募する時の、仕事の選び方や注意点、向き不向きなどをまとめました。

正社員になろうと思う時、やはり一番よく目に入ってくるのが営業のお仕事です。
「自分でもできるんだろうか…」と不安になる場合や、そもそもどんな営業が自分に向いているのかわからない事もありますよね。

営業職にはどんな種類があり、どういう向き不向きがあるのかを知って、自分にあう仕事選びに活かしてくださいね。

1.営業と一言でいっても種類があります

営業職と一言でいいましてもいくつかの種類があり、それによってお仕事内容もかなり変わってきます。

まず大きく分けると、「新規開拓」と「ルート営業」の2種類があります。
また、新規開拓の中には、「飛び込み営業」と「電話営業」「反応営業」の3種類に分ける事ができます。

それぞれの営業職のお仕事内容は?

次に、それぞれがどんな仕事なのかをまとめました。

1.新規開拓(飛び込み営業)

営業と聞いて最初に思い浮かぶのは、このタイプの営業職かも知れませんね。
自分の担当するエリアの企業や個人の方のお宅に訪問し、名刺を配ったり製品の案内をしていく仕事です。

2.新規開拓(電話営業)

同じ新規開拓ですが、こちらはオフィス内から電話で営業をしていくスタイルです。
企業内で使っている電話帳などに片っ端からかける事もあれば、まず電話をかける企業を自分でネットから探して、個別に電話をかけていくパターンもあります。

3.反応営業

業種的には、不動産系などに多い形です。
例えば新聞に入れた折り込みチラシを見て、問い合わせ電話をかけてこられたお客様に、電話で案内したり、直接お宅へ伺って営業するようなスタイルです。
あるいは展示会へきて興味を持ってくれたお客様に営業をかけていくパターンもあります。

4.ルート営業

主に企業向けで多いタイプですが、すでに取引のある会社へ定期的に訪問し、サービスの提案やサポートをする営業職です。長いお付き合いになりますので、高い専門知識を持っての提案や、サービスを使い続けてもらうための調整も多い職種です。

2.給料のタイプも大きくわけて2種類あります

また、職種だけではなく給料の仕組みから見ても、大きく2つのタイプがあります。

一つ目は固定給型、もう一つがインセンティブ型となります。

固定給の場合は、その名のとおり、毎月のお給料が決まっていますので、営業成績の良い/悪いが直接毎月の給料に影響する事はありません。

一方、インセンティブ型は、自分の営業成績に応じて給料が上下する形になりますので、営業成績が悪い時期が続いてしまうと、なかなか生活が大変になる場合も。

逆に、しっかりと営業成績を上げ続ければ、それだけ高給料になりますので、会社によっては、他の職種ではありえないような給料を得る事も可能になってきます。

 

3.営業の種類別の向き不向きは?

これだけ仕事のスタイルが違いますので、やはり求められる事や向き不向きも違ってきます。

働き方で大きく分けますと、「新規開拓の飛び込み営業、電話営業」と「反応営業、ルート営業」とでは、求められるものが違ってきます。

 

■「新規開拓の飛び込み営業、電話営業」の向き不向き

商品やサービスをまだ知らない新規のお客様に、こちらから声をかけて提案していく仕事になります。
そのため、どうしても断られる事や、嫌な顔をされる事も多くなってしまいます。些細な事は気にせずにいられるタフさがやはり大切になってくる仕事です。

一方で、インセンティブの付いている会社も多いですので、しっかり稼いでいきたいという場合は、給与面で魅力は大きくなります。
業界によっては、その会社の経験を活かして将来の独立を目指すという事も。

 

■「反応営業、ルート営業」の向き不向き

同じお客様と長くお付き合いをしていくタイプの働き方ですので、まずは信用を失わない事が重要です。
常に最新の情報を学んでいく姿勢や、難しい調整なども出てきますので、メンタル面のタフさは新規開拓ほど求められる事がありませんが、学ぶ姿勢や信用を守れる人間性など、総合的にみられると考えておいた方が良いでしょう。

また、給与面では、インセンティブの割合は新規開拓よりも低い企業が多めです。
安定した給与は確保できるものの、大きく稼ぐ働き方とは言えませんので、必要な金額を見極めて応募するのが大切です。

 

4.未経験から受かりやすいのは?

営業職の場合、新規開拓もルート営業も「未経験歓迎」とされている場合が多めですが、やはり新規開拓の方が未経験OKの例が多くなる傾向にあります。

経験者限定の営業職はそこまで多くはありません。
しかし、金融系などでは資格保有者や経験者を最優先で採用していく会社もありますので、応募資格や募集要項の欄は事前にチェックしていきましょう。

 

まとめ

営業職の求人は多いですが、種類によって働き方や向き不向きがかなり違ってきます。
ぜひ、自分に一番ピッタリだと思う求人を選んで、良いご縁を引き寄せてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました