いい求人の見つけ方

フリーターからの就活。転職エージェントを使うべき? 悪く言われない? 歓迎されるためのコツ

投稿日:

フリーターから正社員への就職を考えますと、大きく分けて方法は3つになります。

1.第二新卒として就活をするか、
2.転職エージェントを使って応募するか、
3.自分で求人を見て応募するか

この中から自分にあった方法を選んで就活するのが一般的です。

今回はその中でも「2.転職エージェントを使って応募」の方法や注意点などを解説していきたいと思います。

 

転職エージェントは、フリーターからの就活でも使える?

ただ、転職エージェントというと、どうしても「正社員が別の会社へ転職するためのもの」と考えられがちです。

実際、多くの転職エージェントは、現在正社員の方々が転職をする際に使うのが一般的。
そのため、フリーター経験が長い方の場合、登録そのものは可能ですが、あまり良い求人紹介が来ない…といった場合も。

しかし、全ての転職エージェントがそうではありません。

大切なのは、「転職エージェントは自分にあったタイプを選ぶ事」です。

 

転職エージェントには、大きく分けて3つのタイプがあります

実は転職エージェント各社は、それぞれに特徴があり、大きく3つのタイプに分かれます。

転職エージェントはこの3タイプ

タイプ1.大手の総合エージェント
タイプ2.特定の職種を専門にした会社
タイプ3.フリーター、第二新卒専門の会社

 

それぞれタイプ別に、求める人材や特徴が違います。特に、フリーターを歓迎する/しない には大きな違いが。その違いはこのような傾向があります。

■1.大手の総合エージェントの特徴

大手のリクルートエージェントやDODAは、総合的に多くの職種を扱っていますが、やはり大手だけあって、正社員の転職をメインにしており、派遣やフリーターの扱いがあまり良くないと言われています。

 

■2.特定の職種を専門にした会社

また、職種に特化した転職エージェントもあります。
薬剤師やアパレル、海外勤務向け、医療系専門など、様々な会社があります。

就職したいと思う職種がすでに決まっている場合は、その業界に特化した転職エージェントがないかどうか、確認する事もポイントです。

総合大手のを使うよりも、その職種専門のエージェントを使う方が、より詳しい情報が入り、就活に有利に働きます。


■3.フリーター、第二新卒専門の会社

そして、転職エージェントの中には、フリーターや第二新卒専門という会社もあります
大手では、リクルート社が運営している「就職SHOP」などが有名です。求人がフリーター、第二新卒専門向けのみとなりますので、「フリーターだから不利になる」という事が起きないのが一番の特徴です。

フリーターからの就活の場合、この「フリーターや第二新卒専門」を活用するか、「職種に特化した転職エージェント」を活用するかの2択が、内定の確率をアップさせる選び方と言えるかもしれません。

 

転職エージェントの各社、どう使い分けるのがいい?

実際に転職エージェントの各社をどう利用するのが良いかは、やはり「正社員経験の有無」と「フリーターの年数」で使い分ける事がポイントです。

大きく分けて、この二つのパターンに分かれるかと思います。

 

1.正社員経験が数年あり、フリーターとしての年数は長くない場合

こういった場合、大手の転職エージェントでも十分に「正社員の転職」として活動する事が出来る可能性があります。
「フリーター期間がある=正社員としての転職が無理」という訳ではなく、多少のフリーター期間があったとしても、「正社員としての前職の経験を活かす転職」が可能となります。総合大手は求人数が多いですので、登録可能なら、保険として使っておく方が有利です。

また、大手の総合転職エージェントに登録して求人紹介をもらいながら、フリーター・第二新卒専門のエージェントにも登録し、2社の両方から紹介待ちをするという方法も一つの方法です。

 

2.正社員経験なし またはフリーターの年数が長い場合

こういった場合は、大手の総合転職エージェントはあまりオススメできないかも知れません。
エージェント側も、正社員経験の長い登録者を優先する傾向がありますので、フリーター経験が長い点がマイナスに評価されて、良い求人の紹介を受けられない可能性も。

逆に、フリーターと第二新卒を専門にした転職エージェントは、フリーター年数が長い場合にとても有効です

 

フリーター、第二新卒専門の転職エージェントを利用するメリットは?

フリーターや第二新卒専門の転職エージェントを使う一番のメリット、それは「フリーター歓迎」という点です。

他の転職エージェントの場合、フリーターの就職はあまり優先されませんが、フリーターと第二新卒専門のエージェント大手「就職SHOP」などでは、フリーターの就職が専門分野ですので、もちろん最優先としての扱いになります。

また、扱っている求人が第二新卒とフリーター向けの物ばかりとなりますので、自分にピッタリあう求人に出会いやすいのも大きなメリットです。

次の記事では、より「フリーター・第二新卒専門の転職エージェントを使うメリット」の解説です。

<次の記事>↓

フリーターから正社員に受かるコツ~一人で就活せずに使えるサービスを活用する方法~

 

フリーターからの就活Q&Aお答えします! Q:「ぶっちゃけ、いい求人ってどこで見つかりますか?」

A:お答えします。

当サイトで調べてみた所、
掲載されているすべての求人が「フリーター歓迎」のサイトは数社しかありませんでした。

大手転職サイトは、もちろんNG。ハローワークも、大手バイト求人サイトも当然NG。

フリーター専門の求人サイト数社の中でも、利用者の多い最大手は、就職SHOP(運営:株式会社リクルート)でした。

就職SHOP(運営:株式会社リクルート)とは一体? 重要なポイント3点をまとめると、こうなりました。

ポイント1.フリーターと第二新卒専門の求人サイト。正社員と学生は登録不可。
つまり→ライバルが少なく、受かる確率が上がる、正社員の転職組とバッティングしない

ポイント2.書類選考がない、応募すれば面接確約。ポテンシャル採用
つまり→経験不足による書類選考落ちが起きない。経験よりポテンシャル重視のため、面接で不利にならない

ポイント3.利用者10万人突破。8000社の求人。
つまり→最大手リクルート社のサポートを受けながら就職できる。求人の多さ=選べるチャンスの多さ

■どんな人に向いてる?■

残念ながら対応エリアがまだ狭いため、関東と関西のみになります。このエリア以外での就職希望の場合は難しくなります。

逆に、こんな人は向いてるサービスと言えます。

・関東か関西で正社員を目指す。現在20代か30代で、第二新卒かフリーター。
・フリーター就活の難しさを解決したい。プロのサポートを受けたい
・フリーターからの応募で不利にならない求人だけを探したい
・面接で何をアピールすればいいのか、アドバイスがほしい

こういった希望がある時は、就職SHOPの活用が非常に効果的です。

■公式サイト■ >> 就職SHOP(運営:株式会社リクルート)

 

人気の記事一覧

1

「フリーターから正社員になろう!」 そう思った時、実際にどこで求人を探すのが一番良いのでしょうか? 今回は、フリーターからの仕事発見がしやすいサービスと、それらの向き不向き、オススメ度を解説していきた ...

2

この記事に書かれている事 この記事では、こんなお悩みを解決する方法を解説しています。 ↓ フリーターをやめて正社員になりたいけれど、いい求人が見つからない 求人があっても、全然受からない(書類選考にも ...

-いい求人の見つけ方

Copyright© フリーターから正社員に受かるナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.