いい求人の見つけ方 人気の記事 志望動機の例

フリーターから正社員に受かるコツ~一人で就活せずに使えるサービスを活用する方法~

更新日:

この記事に書かれている事

この記事では、こんなお悩みを解決する方法を解説しています。

  • フリーターをやめて正社員になりたいけれど、いい求人が見つからない
  • 求人があっても、全然受からない(書類選考にも通らない)
  • それを解決する、履歴書・面接アドバイスをタダで受けられるサービスとは?

それぞれを詳しく解説していますが、「読む時間がないので、解決してくれるサービスだけ教えて」という方は、以下のリンクへどうぞ↓

 

フリーターから正社員就職を目指す時の問題点チェック

あなたはいくつ当てはまりますか?

  • いい求人が全然見つからない
  • 書類選考に通る自信が全然ない
  • 面接で不利になるのが怖い
  • アピールできる経験が足りてないと思う
  • ぶっちゃけ、フリーターの就職はキツイと思う

これらに3つ以上当てはまる人は、「仕事の探し方を変える」という方法がオススメです。

なぜ? 何が間違っているの?

大学や高校に通っている時は、就活の情報はいくらでも入ってきますが、卒業してからの就職は情報も少なくて苦戦しやすい事も。

卒業後にフリーターをしながら、就活で正社員に内定した人々は、一体何を使ったのかを解説。

特に、実際に卒業後に就活をしていると、こういう悩みがよくあります。

こういう問題をまとめて解決し、理想の仕事に「正社員で」就職した人々には、ある共通の方法がありました。

今回は、第二新卒やフリーターから理想の仕事へ正社員就職した人が使っていた方法をまとめました。

 

第二新卒・フリーターから正社員就職する時、解決したい3つの問題

なんとなく「上手く仕事が決まらないな…」と考える前に、「ここを解決すればお仕事が決まる!」というポイントを前向きに整理してみました。

<苦戦しやすいのは大きく3つ。これを解決すれば就職が決まりやすくなるポイント>

 

【解決したい その1】第二新卒、フリーター歓迎の正社員求人が見つけにくい

第二新卒やフリーターを歓迎している求人を見つけるのは、意外と大変です。
また、ハローワークやタウンワークでは、そもそも条件の良くない案件も多いので、探すのに更に時間がかかってしまいます。

【解決したい その2】履歴書の書類選考で落ちてしまう…

新卒でもなく、正社員経験もないという場合、どうしても書類選考で落ちる可能性が高くなってしまいがち。
また、職歴欄にはアルバイト経験を書けないので、アピール不足になってしまう事も。

【解決したい その3】面接でどうアピールすればいいのかわからない…

大学生の就活でもなく、正社員からの転職でもないので、そもそも「こうすれば成功した」という情報が少ないので、どうすればいいのかわからない。
(アドバイスをもらえる、同じ境遇の人がそもそも多くない)

この3つさえ解決してしまえば、お仕事探しはとてもスムーズになります。

実際に、第二新卒やフリーターから正社員に決まった先輩の多くが使っていた方法があります。

それは、とてもシンプルです。

これが多くの内定者の答えでした。

自分ひとりで求人を探して応募していると、どうしても上の3つの問題で、苦労してしまいがちです。

しかし、実は「第二新卒やフリーターの就職を専門にサポートする会社」があります。

その支援を受ける事で、成功する確率が一気に上がるというのです。

このサービスは、一般的に「転職支援サービス」と呼ばれています。

 

この3つの問題を解決して就職できる「就職支援サービス」とは?

あまり聞きなれない「就職支援サービス」ですが、実際に就職に成功した人の多くは、実はこのサービスを上手く活用しています。

 

■就職支援サービスとは?

タウンワークやバイトル、リクナビなど、真っ先に思い浮かべる求人系サイトは「求人を掲載するだけのサイト」です。

タウンワークの担当者があなたの就活に何かサポートをしてくれる訳ではありません。

転職支援サービスは、これらとは大きく違っています。

まず登録を済ませると、担当者がつきます。
その方と一緒になって、サポートを受けながら就活をしていくという二人三脚のサービスです。

具体的にどんな二人三脚なサービスを受けられるのかと言うと…。

使えるサービス例

    • あなたの経験にあった求人紹介を何件でも受けられる
      (ネット上では非公開の求人を紹介される場合も多数ある)
    • 履歴書の書き方や面接のアドバイスを受けられる
    • 年収や条件の交渉を代行してくれる
    • 求人票には載っていない、実際の雰囲気を知る事ができる
    • サービスの料金は、無料

そして、一番大事な所かも知れませんが、
このサービスは就活中の大学生は登録が出来ません。

卒業後の第二新卒やフリーターの方々だけが使えるサービスです。

つまり、就活中の大学生にはない、プロのサポートを受けながら就活できるという点が一番のメリットとなります。

違いを比較してみますと…。

これを使わずに自力で就職や転職をするのは、とても不利です。ご縁と運頼みな所が大きすぎて、決まる会社も少なくなりがちです。

知っている人は仕事が決まりやすくなる、知らない人は苦戦しがち…という、明らかな違いが出てくる、そんなサービスとも言われています。

 

最も有利な転職支援サービスはどこか?

転職支援サービスと名前のつく会社は、多数ありますが、そのほとんどは「正社員経験ありの転職者向け」です。

第二新卒・フリーター専門となりますと数社しかありません。

その中でも、最大手で有名な(信用できる)会社は、やはり株式会社リクルートです。

「リクナビ」や「タウンワーク」で有名なあのリクルートです。

そのリクルートが運営している、第二新卒・フリーター専門の就職支援が「リクルートの就職SHOP」です。

リクルートの就職SHOPが、どういう点で有利なのか、その理由と活用方法をまとめました。

リクルートの就職SHOPの強いポイントは

■知名度MAXなので、求人が多い

「株式会社リクルートを知らない人事部などいない」と言われるほど、採用関係者の間では超有名企業ですので、求人の多さは抜群です。
他にはない求人が多くありますので、応募する側から見ても、選択肢が多くなります。

■第二新卒、フリーター専門の就職支援

正社員経験ありの人の転職がメインで、「第二新卒やフリーターの就職もついでにやっている」という転職支援会社が多い中、就職SHOPは「第二新卒やフリーターの専門」です。
つまり、就職SHOPで扱う求人は、どの求人も受かる可能性があるという事になります。

■書類選考なし、いきなり面接の求人紹介を受けられる

ここは特に就職SHOPの強いポイントです。書類選考が、ありません。そのため「応募する」と決めれば、そのまま面接となります。
何社も履歴書を送っては失敗し…という不要な苦労をする必要はありません。

■本番前に、面接対策のレッスンを受けられる

リクルートは就職・転職の業界で最大手ですので、面接で成功するノウハウが豊富です。
それらのレッスンを受ける事が出来ますので、どうアピールすればいいのかのアドバイスを受けてから面接を受ける事ができます。

リクルートの就職SHOPはこう使うのがポイント

ただ求人を載せているだけのサイトとは大きく違いますので、就職支援サービスの使い方には独特のコツが大きく3つあります。

 

■コツ1.就職が決まるまで、ずっと使える

何となく一度失敗したら「もうダメかな」と思ってしまいがちですが、そんな事を考える必要はありません。
「受かるまで、何度でも応募する」というのが普通ですので、リクルートの担当さんも、何度でもサポートし続けてくれます。

自分が「やっぱりもう正社員就職は止めます」と伝えるまでは、何度でも無料でサポートを受けられます。

■コツ2.「これは違う」と思ったら断るべき

せっかく紹介してくれたのだから…と応募する事もあるかと思いますが、人生に関わる大切な事ですから、「この会社では働きたくない」と思った時は断りましょう。
例え断ったとしても、良い案件は何度でも紹介してもらえます。自分にピッタリだと思える案件に応募しましょう。
「なんだか悪い気がするし…」と遠慮して、行きたくない会社を受ける必要はありません。

■コツ3.他のサービスと併用して使うのも可能

就職SHOPを使うからと言って、他の応募を辞める必要はありません。
自分で就活をしながら、他の就職支援も使いながらでも問題ありません。むしろ、色々な方法を試す方が、内定の確率はさらに上がります。

 

来年より今年。来月より今月の方が受かる確率は高くなる

少し残念なお話ですが。

就職には「年齢」がとても重要です。特に第二新卒とフリーターからの就職の場合、年齢が若い程、成功率は高くなる傾向があります。

30代になってからでは遅すぎます。
来年より今年。
来月より今月の方が有利になります。

先送りする程、状況はあまり好ましくない方へ進んでしまいますので、「どうしよう、やってみようかな」と思う気持ちがあれば、その気持ちに従って動いておく方が有利です。

ぜひチャンスを逃さずに良いご縁を引き寄せてくださいね。

フリーターからの就活Q&Aお答えします! Q:「ぶっちゃけ、いい求人ってどこで見つかりますか?」

A:お答えします。

当サイトで調べてみた所、
掲載されているすべての求人が「フリーター歓迎」のサイトは数社しかありませんでした。

大手転職サイトは、もちろんNG。ハローワークも、大手バイト求人サイトも当然NG。

フリーター専門の求人サイト数社の中でも、利用者の多い最大手は、就職SHOP(運営:株式会社リクルート)でした。

就職SHOP(運営:株式会社リクルート)とは一体? 重要なポイント3点をまとめると、こうなりました。

ポイント1.フリーターと第二新卒専門の求人サイト。正社員と学生は登録不可。
つまり→ライバルが少なく、受かる確率が上がる、正社員の転職組とバッティングしない

ポイント2.書類選考がない、応募すれば面接確約。ポテンシャル採用
つまり→経験不足による書類選考落ちが起きない。経験よりポテンシャル重視のため、面接で不利にならない

ポイント3.利用者10万人突破。8000社の求人。
つまり→最大手リクルート社のサポートを受けながら就職できる。求人の多さ=選べるチャンスの多さ

■どんな人に向いてる?■

残念ながら対応エリアがまだ狭いため、関東と関西のみになります。このエリア以外での就職希望の場合は難しくなります。

逆に、こんな人は向いてるサービスと言えます。

・関東か関西で正社員を目指す。現在20代か30代で、第二新卒かフリーター。
・フリーター就活の難しさを解決したい。プロのサポートを受けたい
・フリーターからの応募で不利にならない求人だけを探したい
・面接で何をアピールすればいいのか、アドバイスがほしい

こういった希望がある時は、就職SHOPの活用が非常に効果的です。

■公式サイト■ >> 就職SHOP(運営:株式会社リクルート)

 

人気の記事一覧

1

「フリーターから正社員になろう!」 そう思った時、実際にどこで求人を探すのが一番良いのでしょうか? 今回は、フリーターからの仕事発見がしやすいサービスと、それらの向き不向き、オススメ度を解説していきた ...

2

この記事に書かれている事 この記事では、こんなお悩みを解決する方法を解説しています。 ↓ フリーターをやめて正社員になりたいけれど、いい求人が見つからない 求人があっても、全然受からない(書類選考にも ...

-いい求人の見つけ方, 人気の記事, 志望動機の例

Copyright© フリーターから正社員に受かるナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.