面接ノウハウ

面接ノウハウ

面接での困った質問「このフリーター期間は何をしていましたか?」 好印象な答え方の解説

フリーターから正社員になろうと就活で面接を受けた時、やはり困るのは、「この○年間、何をしていましたか?」という質問です。この質問にどう答えるべきかを解説。フリーター期間の説明の仕方/ ポジティブな理由を付けた例の効果とは。「自分のやりたい事を探していた」「資格勉強」「業界の経験をするため」などは効果的。
志望動機の例

面接での困る質問「なぜフリーターを辞めて正社員に応募を?」への答え方解説

フリーターから正社員への応募をしますと、面接で困る質問もあります。「なぜ正社員になりたいのですか?」という質問は、特に答えにくいもの。質問への好印象な答え方解説。前向きな答え方例1「この職種、業種に就きたい」2.「バイト経験を活かせる仕事をしたい」3.「好きな事を仕事にしたい」。ポジティブな言い方へ変える方法
面接ノウハウ

〔フリーター就活〕面接の質問「あなたの長所は?」 どう答えると好印象?

フリーターから正社員を目指す就活での、面接の質問「あなたの長所は?」の答え方例を解説。一言だけで答えてしまうと、少しシンプルすぎる…そんな時の、より好印象にするの言い方。方法1「具体的なエピソードをつける」、方法2「仕事に活かせるとアピールする」。長所の例で使いやすいのは1.性格面 2.得意な事 3.スキル等が便利です
面接ノウハウ

〔フリーターからの就活〕面接の質問「これまでの仕事で苦労した事は?」の好印象な答え方例

フリーターから正社員を目指しての面接「前の仕事で苦労した事は?」の答え方例を解説。「苦労した事」はこの3種類から探す:1.難易度の高い仕事を任された経験 2.非常に量の多い仕事をこなした 3.新しい仕事、新しい方法を担当した等 /アピールしたいポイントの例。この質問は自分の魅力を伝えるチャンスです。
志望動機の例

自分の強みを見つけよう! 強み発見の方法は「〇〇力」か「王道の6つのパターン」から選ぶのがコツ

「あなたの強みは何ですか?」就活で使いやすい「私の強み」には、実は大きく分けて2つのタイプがあります。 一つ目が「これまでの仕事の経験」、もう一つが「性格的な強み」です。どうやって探す? 仕事上の強みの発見方法と6つのパターン、例を解説。
面接ノウハウ

面接の困った質問「なぜフリーターを選んでいたのですか?」の印象を悪くしない答え方例3つ

面接での「フリーターをしていた理由」のタイプ別答え方例と、OK、NG例を解説。  NG例:責任の重い仕事したくない、体調が理由、精神的な理由。OK例;自分のやりたい仕事を探す、仕事を経験を積む、お金、家族などの事情。ポジティブに答えしょう。
履歴書の書き方

【フリーターからの就活】好印象な自己PRを作る7つの例文を解説

フリーターからの就活で使える、自己アピールしておきたいの7つのポイント。 ・アルバイト経験(業種、職種、期間、こだわった事)。特に「前向きに会社を良くする姿勢」が重要。・学校での授業、部活経験 ・資格、性格、持ち味などをアピール
面接ノウハウ

面接で困る質問「仕事を辞めた理由は?」への好印象な答え方例、NG例

フリーターからの就活面接での質問「前の仕事を辞めた理由」の答え方を解説。 NG例:人間関係やトラブル、向いていない等。好印象な例:多く仕事経験を積みたいから。もともと短期の求人。自分のやりたい仕事を探すため。
面接ノウハウ

フリーターから正社員への就活:自己PRはどう言うべき?(大学生就活との違い解説)

フリーターからの就活する際の自己PRを、例文つきで解説。大学生の就活との違いは? 1.学歴は手短に。2.正社員経験があれば、真っ先にアピール。3.フリーターとしての仕事経験を職歴で語る 4.「フリーター経験を活かす」前向きな言い方でしめる
志望動機の例

面接時の志望動機 好印象になる例とNG例を解説

フリーターから正社員になりたいと思った時、就活で困るのは面接。特に、志望動機で苦戦する事も。今回はフリーターからの就職で使える、志望動機を解説。好印象な例、NG例をまとめました。 良い志望動機例:「~が好きという気持ちや、~の経験を活かす、大企業に挑戦したい」 NG例:「安定した生活をしたい、自分でも出来そうな仕事を」
タイトルとURLをコピーしました