いい求人の見つけ方

【フリーターからの就活】今のバイトは辞めてから始めるべき? 続けながらするべき?

投稿日:

フリーターから正社員になるための就職活動、アルバイトを続けながら始めるか、辞めてから始めるか、悩んでしまう事も。
今回は、それぞれのメリットデメリットや、オススメの方法などをまとめました。

 

アルバイトを辞めてから始める派のメリット

アルバイトを辞めて、短期で就活を終わらせるつもりで就職活動を始めるという方法があります。

この場合、やはり一番のメリットは、「時間を自由に使える事」です。

応募先との面接は平日昼間になる事が多く、フリーターとしてシフトに入りながらだと、どうしても調整が難しくなってきます。
しかも就活が長引けば長引く程に、バイト先のシフト調整が苦しくなりますので、いっそアルバイトを辞めて、短期間にまとめて面接を入れて就活する方が確実な場合もあります。

また、短期間の就活で無事に内定が出た場合、すでに退職済みですので「いつからでも入社できる」というのも大きなメリットです。

面接でも「いつからでも入社できます」というアピールが出来るのは、プラスの材料にもなってきますよね。

 

ここは要注意? アルバイトを辞めてから始める派のデメリット

一方、先に辞めてしまう方法にもデメリットがあります。

それは「思ったより苦戦して内定が出ない場合」です。

時間の自由は利くものの、やはり貯金を崩していく形になりますので不安がつきもの。
特に、就活が苦戦して長引いてきますと、精神的にも負担になりますし、「やっぱり就活はやめて、またフリーターで働こうかな」という心理的な迷いが何度もやってくる事も。

日程調整や面接上では有利になりますが、心理的に負担になる事も多いのが、先に辞める方法のデメリットかも知れません。

 

アルバイトを続けながら就活する派のメリット

一方、アルバイトを辞めずに、働きながら正社員を目指して就活する方法もあります。

この方法の一番のメリットは何といっても、「上手くいかなくても、収入は変わらない」という生活の安定感です。

就活のためにアルバイトを辞めてしまうと、貯金を切り崩しながら就活する事になりますので、不安になってしまって心理的に負担が大きくなります。また、焦りのあまりに妥協して、第一志望の業界や職種ではない会社でも、「せっかく出た内定だから」と決めてしまう場合も。

そんな不安がないため、じっくりと時間をかけて求人を探す事が出来ます。
「ここはちょっと違うな」と思う会社だった場合には、妥協をせずに、内定辞退をするという選択もしやすくなります。

 

ここは要注意? アルバイトを続けながら就活する派のデメリット

アルバイトを続けながら就活する場合、やはりデメリットとして大きいのは「面接の日程調整」です。

どうしてもアルバイトのシフトと重なってしまう事が増えますので、アルバイト先に何度もシフト変更を依頼する事が増えてしまい、迷惑をかけてしまう場合も。

数回であれば理由をつけられますが、あまりにシフト変更の回数が多い場合は、変更理由を「就職活動をしているから」と言わざるを得ない事もでてきます。

となると、やはり「もうすぐ辞めるつもりなんだ」と思われてしまい、もし就活を辞めて仕事を続けるとしても、ちょっと関係性が微妙になってしまうかも知れません。

また、内定が出た場合の退職日についても、バイト先との調整で苦労する場合があります。

 

辞める、辞めないの前に、「短期で決める方法」を持っておくのが大事

辞めるか辞めないかを決める前に、まず就活を短期でするのか、長期でするのかを決めるのが一番です。

長期の場合は、バイトを続けながら就活をする以外に選択肢はありません。

一方、短期で決める場合なら、辞めても辞めなくても、就活を成功させる事はできます。

そのためにも、就職先をどうやって探すのかが重要です。
例えばハローワークのように、あまり求人の質と量の良くない場所で一生懸命探しても、あまり良い結果には結び付きにくいもの。

「ここだ!」と思える求人探しの場所を持っておきましょう。

 

まとめ

アルバイトを辞めてからにするか、続けながら就活をするか、迷う事もありますが、その前にまずは就活を短期にするか長期にするかがポイントになります。

また、「ここだ!」と思える求人をどうやって探すのがベストかは、次の記事でまとめていますので、そちらもご覧くださいね。

■次の記事です ↓

【比較】フリーターから正社員になる時、どこで求人を探すのがベスト? 4つの方法

フリーターからの就活Q&Aお答えします! Q:「ぶっちゃけ、いい求人ってどこで見つかりますか?」

A:お答えします。

当サイトで調べてみた所、
掲載されているすべての求人が「フリーター歓迎」のサイトは数社しかありませんでした。

大手転職サイトは、もちろんNG。ハローワークも、大手バイト求人サイトも当然NG。

フリーター専門の求人サイト数社の中でも、利用者の多い最大手は、就職SHOP(運営:株式会社リクルート)でした。

就職SHOP(運営:株式会社リクルート)とは一体? 重要なポイント3点をまとめると、こうなりました。

ポイント1.フリーターと第二新卒専門の求人サイト。正社員と学生は登録不可。
つまり→ライバルが少なく、受かる確率が上がる、正社員の転職組とバッティングしない

ポイント2.書類選考がない、応募すれば面接確約。ポテンシャル採用
つまり→経験不足による書類選考落ちが起きない。経験よりポテンシャル重視のため、面接で不利にならない

ポイント3.利用者10万人突破。8000社の求人。
つまり→最大手リクルート社のサポートを受けながら就職できる。求人の多さ=選べるチャンスの多さ

■どんな人に向いてる?■

残念ながら対応エリアがまだ狭いため、関東と関西のみになります。このエリア以外での就職希望の場合は難しくなります。

逆に、こんな人は向いてるサービスと言えます。

・関東か関西で正社員を目指す。現在20代か30代で、第二新卒かフリーター。
・フリーター就活の難しさを解決したい。プロのサポートを受けたい
・フリーターからの応募で不利にならない求人だけを探したい
・面接で何をアピールすればいいのか、アドバイスがほしい

こういった希望がある時は、就職SHOPの活用が非常に効果的です。

■公式サイト■ >> 就職SHOP(運営:株式会社リクルート)

 

人気の記事一覧

1

「フリーターから正社員になろう!」 そう思った時、実際にどこで求人を探すのが一番良いのでしょうか? 今回は、フリーターからの仕事発見がしやすいサービスと、それらの向き不向き、オススメ度を解説していきた ...

2

この記事に書かれている事 この記事では、こんなお悩みを解決する方法を解説しています。 ↓ フリーターをやめて正社員になりたいけれど、いい求人が見つからない 求人があっても、全然受からない(書類選考にも ...

-いい求人の見つけ方

Copyright© フリーターから正社員に受かるナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.