いい求人の見つけ方 フリーターの就活方法

就職支援のエージェントの求人紹介は、どういう企業が多い? 大企業の求人はある?

投稿日:

フリーターの就職支援のエージェントを使う場合、やはり気になるのは「どんな求人があるのか」です。

特に、会社の規模は働き方や生活、将来性にも関わるため気になるポイント。
今回は、就職支援の求人内容を調査しました。

基本的に、従業員300人以下の企業の案件が多い

例えば、フリーター向け就職支援エージェントの「就職SHOP」の公式ページなどには、どういった案件が多いかと公開されています。

それらをもとに結論から言いますと、従業員300人以下の企業の案件が多いという答えになりました。

もちろん大企業の案件がゼロではないでしょうが、かなり件数としては少なくなります。

特に、数千人や数万人いる大企業の求人は非常に少ないと考えられます。
この手の大企業は、新卒採用で大量に新卒を取りますので、フリーター向けの採用枠を作っている所が多くない、というのが理由の一つと言えるでしょう。

フリーターの就職支援エージェントを活用する場合は、やはり中小企業系で就活をしていく事が多いのは、先に知っておいた方が良いかもしれません。

中小企業への就活で大事なのは、「その会社は、まともな会社かどうか」

大手企業や有名企業でしたら、仕事内容や会社の情報もネットで調べる事が出来ますし、転職の口コミも探せば色々と出てきます。
何より、決算情報も開示されていますので、企業の業績や安定した会社かどうかを調べる事もできます。

一方、規模の小さな企業でしたら、ネット上で情報や口コミを調べるのが難しく、「本当にこの会社は大丈夫なのか」という点が不安材料になります。

就職支援エージェントを選ぶ時は、こういった会社の情報や「本当にフリーター採用をする気があるのかどうか」といった部分を、しっかり調査しているエージェントを活用するのがポイントです。

その点、就職支援エージェントの中でも最大手の「リクルートが運営―就職SHOP―」の場合は、全ての求人について、エージェントがインタビューして調査をしているため、ただ求人を掲載しているだけの他社に比べて、まともな会社に当たる確率を上げる事ができます。

また、実際にどういったフリーター人材を採用するのかといった事もインタビューされているため、「とりあえず求人を出すだけ出しておく」といった、採用する気の低い会社に当たる確率も下げる事が出来るでしょう。

エージェントで求人紹介を受ける場合は、ただ紹介されたものをそのまま受けるのではなく、
こういった点を担当に確認する方が、良い縁がつかみやすくなります。

・その会社はどういう会社なのか、まともな会社なのか
・ブラックではないか
・どういう人材を求めているのか

どうしても大企業や有名企業に入りたい場合は、2段階の就活という手もあります。

もちろん中小だからと言って、待遇が全部悪いという事などありません。
将来有望な中小企業や、自分の希望にあった仕事が出来る中小は数多くあります。

とはいえ、やはり「大企業で安定した働き方をしたい」と思う事もあるかもしれません。

そういう場合は、「2段階の就活」という方法もあります。

つまり。
例えば、一度300人以下の会社へ就職し、数年ほど仕事経験を積み、その経験が活きる大企業へ転職活動をするという方法です。

2回目の就活は、今度は「正社員の転職活動」という扱いになりますから、転職専門のエージェントを活用する事ができます。
フリーターからの就活で直接、大企業を狙うよりも、正社員経験のある即戦力として転職する方が、成功確率は高くなります。

フリーターからの就活は、内定がゴールではなく、通過点と考えてみる

いずれにしても、中小企業だから悪いという話ではありません。

思わぬ優良企業かもしれないですし、その会社の規模の方が、やりたい仕事に挑戦できるかも知れません。

就職先が悪くなければそのまま続けて行くのも良いですし、やはり「大企業で働きたい」という想いが続くのであれば、
正社員経験を活かしてからでも遅くはありません。

正社員としての転職活動なら、転職エージェントを使えるので、大企業の求人は多くあります。

どうしても大企業や有名企業と考えるなら、
フリーター就職支援で正社員になる → 数年後にその経験を活かして転職エージェントを使う という2段階の道がオススメです。

逆に、大手や大企業にこだわらないという場合は、自分で求人を探すより、就職支援を通す方が、求人の質ははるかに良くなります。

フリーターからの就活は、内定がゴールではなく、通過点と考えて就活を進めていくのも、考え方の一つと言えるかもしれません。

フリーターからの就活Q&Aお答えします! Q:「ぶっちゃけ、いい求人ってどこで見つかりますか?」

A:お答えします。

当サイトで調べてみた所、
掲載されているすべての求人が「フリーター歓迎」のサイトは数社しかありませんでした。

大手転職サイトは、もちろんNG。ハローワークも、大手バイト求人サイトも当然NG。

フリーター専門の求人サイト数社の中でも、利用者の多い最大手は、就職SHOP(運営:株式会社リクルート)でした。

就職SHOP(運営:株式会社リクルート)とは一体? 重要なポイント3点をまとめると、こうなりました。

ポイント1.フリーターと第二新卒専門の求人サイト。正社員と学生は登録不可。
つまり→ライバルが少なく、受かる確率が上がる、正社員の転職組とバッティングしない

ポイント2.書類選考がない、応募すれば面接確約。ポテンシャル採用
つまり→経験不足による書類選考落ちが起きない。経験よりポテンシャル重視のため、面接で不利にならない

ポイント3.利用者10万人突破。8000社の求人。
つまり→最大手リクルート社のサポートを受けながら就職できる。求人の多さ=選べるチャンスの多さ

■どんな人に向いてる?■

残念ながら対応エリアがまだ狭いため、関東と関西のみになります。このエリア以外での就職希望の場合は難しくなります。

逆に、こんな人は向いてるサービスと言えます。

・関東か関西で正社員を目指す。現在20代か30代で、第二新卒かフリーター。
・フリーター就活の難しさを解決したい。プロのサポートを受けたい
・フリーターからの応募で不利にならない求人だけを探したい
・面接で何をアピールすればいいのか、アドバイスがほしい

こういった希望がある時は、就職SHOPの活用が非常に効果的です。

■公式サイト■ >> 就職SHOP(運営:株式会社リクルート)

 

人気の記事一覧

1

「フリーターから正社員になろう!」 そう思った時、実際にどこで求人を探すのが一番良いのでしょうか? 今回は、フリーターからの仕事発見がしやすいサービスと、それらの向き不向き、オススメ度を解説していきた ...

2

この記事に書かれている事 この記事では、こんなお悩みを解決する方法を解説しています。 ↓ フリーターをやめて正社員になりたいけれど、いい求人が見つからない 求人があっても、全然受からない(書類選考にも ...

-いい求人の見つけ方, フリーターの就活方法

Copyright© フリーターから正社員に受かるナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.